Dogship web site 「犬をしつける」ドッグトレーニングから、 「犬から学ぶ」ヒューマン・ドッグトレーニングへ。
Company
Services
基本姿勢

DOGSHIPが、お客さまにご提供するサービスに対する考え方をお伝えします。

Blog
代表者プロフィール

DOGSHIP代表の須崎大から、お客さまへのメッセージ。

service
サービス案内

犬と暮らすことによって、飼い主も成長できる。そんな機会をご提供します。

Contact us
料金

お一人おひとりの目的に応じて、受講すべきレッスンと費用をプランニング致します。

About us
専門家情報

犬にまつわるスペシャリストをご紹介致します。

About us
よくある質問

お客さまから、寄せられることの多いご質問を掲載しております。

問題行動解決プログラム

■問題行動解決プログラム(プライベートのみ)

「ぬいぐるみ」ではなく「生命をもつ」イヌと暮らすということは、飼い主自らがイヌの本質を知る事が必須となります。犬の「問題行動」とよばれているものの多くは、動物的行動を自然に選択しているイヌという動物本来の生体を飼い主が知ることによって、理解・解決する事は可能になります。

群れ社会に生きる犬にとって、飼い主の存在は最優先であるべきであり、人間社会の中で生きる彼らに対し律する心構えをもつことによって、より関係を強固なことにすることが出来ます。

DOGSHIPでは、飼い主ご自身が「犬という生体」を無理なく習得できるプログラムをご提供し今後、不都合が生じた際、自ら選択し対応できるようになっていただくことを最終目的としています。

【特別プログラムのお知らせ】
初回のカウンセリングにおいて、問題行動のレベルが高いと判断をした場合、オーナーさまにご相談の上、代官山にある GREEN DOG 内に併設する動物病院(株式会社ベックジャパン)との協業により、「行動診療科」専門医も同席してのプログラムの提案を現在準備中です。

—-

A.トラブルシューティングコース

a.「噛み」解決コース

プログラムの詳細:

噛む強さ・深さ・痕のレベルの確認
犬の深層心理(恐怖・怯え・虚勢・守り等)の現状把握
予防策および対応策の実演と習得

■よくあるご相談

・ブラッシング、ボディータッチ、寝ている時に触ると噛み付く
・歯磨きをするときに噛もうとする
・食べ物を守ろうとする

プログラム平均回数:6クラス

b.「吠え」解決コース

プログラムの詳細:

吠える声の大きさ・高低・継続度のレベル確認
犬の深層心理(要求・怯え・恐怖・習慣・ストレス等)の現状把握
予防策および対応策の実演と習得

■よくあるご相談

・飼い主に対しての吠え
・人や犬への吠え
・物音への吠え
・特定な物への吠え(車、自転車、バイク等)

プログラム平均回数:6クラス

c.「チャイム」解決コース

プログラムの詳細:

これまでの対応歴の確認
犬の深層心理(興奮・怯え・恐怖・習慣等)の現状把握
予防策および対応策の実演と習得

■よくあるご相談

チャイムがなると興奮して吠える/来客の度に吠える
(興奮して噛む等の行動は、「噛む」解決コースとなります)

プログラム平均回数:4クラス

d.「お留守番」克服コース

プログラムの詳細:

これまでの対応歴の確認/犬の深層心理(要求・不安・ストレス等)の現状把握/対応策の検討・確認

■よくあるご相談

・留守中の吠え
・留守中のマーキング
・留守中のいたずら

プログラム平均回数:4クラス

e.「トイレ」克服コース

プログラムの詳細:

これまでの対応歴の確認/犬の深層心理(不理解・アピール・喜び等)の現状把握/対応策の検討・確認

■よくあるご相談

・ニアミス
・意図的失敗
・マーキング

プログラム平均回数:4クラス

f.「多頭飼い」コース

プログラムの詳細:

相性チェック/ 匂いによる社会化/部屋の配置の検討

■ よくあるご相談

・今から二頭目を迎える
・先住犬のストレスが心配だ/犬同士が仲良くなれない/部屋の配置について

プログラム平均回数:3クラス

g.「拾い食い」克服コース

プログラムの詳細:

これまでの対応歴の確認/ LEAVE IT /飼い主のコマンドの習得と活用法

■よくあるご相談

・屋内外における拾い食いが治らない

プログラム平均回数:3クラス

h.「オモチャをはずす」コース

プログラムの詳細:

これまでの対応歴の確認/ DROP IT /飼い主のコマンドの習得と活用法

■よくあるご相談

・ オモチャの誤飲歴がある/オモチャを守ろうと唸ることがある
・ 一度オモチャを渡すと離さない

プログラム平均回数:3クラス

フラワー・レメディコース

プログラムの詳細:

1930年代に英国の医師エドワード・バッチ博士によって開発された、心や感情のバランスを取り戻すための自然療法を取り入れたオリジナルクラス。問題行動の現状を踏まえ、38種のバッチフラワーレメディの中から、1~7種類選択します。同時に、コミュニケーション再構築のためのトレーニングプログラムもご提供いたしますので、効率よく変化を見出すことが出来ます。
cf> The Edward Bach Centre, Mount Vernon Sotwell Wallingford Oxfordshire OX10 OPZ United Kingdom

■よくあるご相談

・カミナリに怯える/花火に吠える
・お留守番が出来ない/他の犬を怖がる
・震災後、物音に過敏になった

プログラム平均回数:3クラス

担当:奥谷友紀(英国Dr.E バッチ国際教育プログラム ~Level.2 取得)