Dogship web site 「犬をしつける」ドッグトレーニングから、 「犬から学ぶ」ヒューマン・ドッグトレーニングへ。
Company
Services
基本姿勢

DOGSHIPが、お客さまにご提供するサービスに対する考え方をお伝えします。

Blog
代表者プロフィール

DOGSHIP代表の須崎大から、お客さまへのメッセージ。

service
サービス案内

犬と暮らすことによって、飼い主も成長できる。そんな機会をご提供します。

Contact us
料金

お一人おひとりの目的に応じて、受講すべきレッスンと費用をプランニング致します。

About us
専門家情報

犬にまつわるスペシャリストをご紹介致します。

About us
よくある質問

お客さまから、寄せられることの多いご質問を掲載しております。

セント・トレーニング

犬にとって、精神的な苦痛は有害であり、それらは結果的に大きなストレスになります。「セント・トレーニング」は犬達にとって無理なく、そしてごく自然に自分の脳を活用し、本能でもある「匂いを嗅ぐ」という優れた能力を活かした素晴らしいトレーニングで、Tracking(トラッキング)とTrailing(トレイリング)に二分されます。

これらトレーニングは、行方不明になった人を探し出す災害救助犬や麻薬探知犬、爆弾探知犬等の育成プログラムに必要とされています。また、現在北米を中心に一般の家庭犬のしつけにも取り入れられており、犬とスポーツ感覚でコミュニケーションをとろうという動きが顕著に見られてきました。

DOGSHIP では、日本の環境に合わせアレンジを加え、セントゲームの楽しさ、犬の能力の素晴らしさ等が伝わるようプログラムを組み、「くんくんゲーム」として、飼い主の皆様へお伝えしています。

犬達の「あなたと一緒に何かをしたい!」という自主性を活かしたそのトレーニング方法(陽性強化)は、後々の彼らの表情に顕著に表れてきます。間違った行動をただ単に叱るのではなく、その原因・理由を把握し繰り返さないように、正しい方向へ導いてあげることが必要です。家族の一員として(群れのボスとして)飼い主自らが、高い視野を身につける事は、必要不可欠ではないでしょうか。

例えば、お散歩の時。なるべく犬達が疲れるように、ボールを投げたり、泳がせたり・・・そういったことに必死になっていませんか?毎日朝夕2回のお散歩は時によって非常に大きな仕事となります。もちろん、愛犬の気持ち、ストレス等を考えるとなるべくそうしてあげたいものですが、そうすると日々犬達の体力は増大し、キリがなくなるのも事実でしょう。また、週末等の比較的時間がとれる時に一気に遊ばせると、その日は疲れていても週があけ半ばくらいになってくるとその反動が見受けられるという経験は皆さんもあると思います。

これら解決策として、犬に生まれつき備わった、臭いの跡を追うという能力を、トレーニングによって引き延ばしてあげる。これが「セント・トレーニング」の効用のひとつでもあります。犬が元々持ち合わせた、極めて優れた嗅覚を駆使することは、脳を刺激することでもあり、適度の疲労を与えまた、メンタル面から脳を刺激することにより、内面から本能に働きかけるのです。

外で遊んでばかりいる子供は、その夜はぐったりしますが、翌日は回復します。犬もまた同じです。脳を使う結果、翌日は精神的に落ち着き、肉体的にも変化が見受けられてきます。頭を使うということは多大なエネルギーを必要としますし、適度な緊張感は犬達にとっても必要なのです。「セント・トレーニング」を愛犬と一緒に楽しむことにより、犬は潜在能力である嗅覚の使い方を学びハンドラーである飼い主は、群れのリーダーとして確立されるのです。その結果、普段の犬達の振る舞いにも違いが見受けられてきます。

Tracking(トラッキング)は、犬が鼻を地面につけて嗅ぎながら、出発点から終点まで特別な匂いを辿っていくエクササイズです。

Trailing(トレイリング)は、トラッキングと違い、匂いの跡がそこには存在しないので、空気上の匂いを嗅いでハンドラーに指示された特定の匂い(対象物)を指示に従って探し続けなければなりません。さらにレベルが上がっていくと area search(エリア・サーチ)と呼ばれるトレーニングになります。犬のレベルによって、そのスポット(自分で探せるエリア)の大きさは様々ですが、より深い絆が必要になってきます。

犬の性格によって、どちらのトレーニングが得意か分かれますが、野生において空気中の臭いを嗅いで浮遊臭による探索が成功しなければ、地面の足跡の臭いを嗅いで獲物探しをします。つまり、犬にとっては、エリア・サーチが最初に優先され、トラッキング行動はオプションとなります。

犬種にもよりますが、犬は我々人間の100~100万倍の嗅覚を保持しています。彼らの脳の容積の1/8はこの嗅覚の為だけに使われています。彼らはまさに探知マシーンなのだといえるでしょう。しかし、家庭犬とって、この能力はさほど使われていないのが現実です。

さらに、犬にもハンドラーである飼い主にも「セント・トレーニング」は大きな効果をもたらします。前述したように「セント・トレーニング」は、犬の嗅ぐという本能を刺激するので、その集中力は極度の精神的疲労をもたらします(200mのトラッキング/約10分で大抵の犬は、まるで1時間走り続けたかのように息を切らします)。またトレーニングによって、犬の狩猟本能を満足させ、生き甲斐と精神的落ち着きをもたらすことが報告されています。一方ハンドラーとしての飼い主は、犬達が大好きなゲームを共に楽しむことが出来ます。これは、あなたを群れのリーダーとして確立させることにも繋がります。犬達は「出来たよ!」とあなたを見つめ、あなたを心から喜ばせたがります。ついには、しつけと愛犬の全般的振る舞いに進展がみられてくるのです。

「セント・トレーニング」は、犬種・大きさ・年齢・各種疾患・・・に関わらず、全ての犬が楽しめるエクササイズです。どの子だって「鼻」さえ持っていれば楽しめます。私どもが「セント・トレーニング」をご提供してきた犬の中で、最も素晴らしい能力を発揮したのは、犬の中で最もオオカミに近く、頭の回転が速いアラスカン・マラミュートでした(この犬種は、一般的にトレーニングに向いているとは言われていません)が、その他にもマルチーズ、チワワ・・・小型犬だって素晴らしい嗅覚を発揮してくれました。みんな、心から「セント・トレーニング」を飼い主と共に楽しみ互いの絆を深めることが出来ています。

あなたもこの新しいトレーニングを通して、これまで知り得なかった愛犬の表情や可能性を発見し、彼らが言わんとする事や、考えていることが、これまで以上に感受出来るようになって頂けることを、私どもは期待してやみません。