Dogship web site 「犬をしつける」ドッグトレーニングから、 「犬から学ぶ」ヒューマン・ドッグトレーニングへ。

2006年 10月

2006年
10月16日

36. シスター:鈴木秀子

「信仰と希望と愛は、いつまでも残る。最も大いなるものは愛である」

今、私が学んでいる動物の世界。人間をはじめ、動物の世界には三つのサイエンスが存在する。「1.生理学 2,心理学 3,神学」我々人間が一番取っつきやすいのが1の生理学。これは、「腹筋をすればウエストが引き締まる」といったように、とても分かりやすいサイエンス。そして、次に馴染みが深いのが2の心理学。「自分に自信がないと、目を合わせられない・・・」という心理は、誰もが実感できる感覚だと思う。そして、最も難しい(馴染みが薄い)と言われるのが、神学である。何かを信じる力、自分を信じる力、そこから生み出される信じられない世界とも言われる神学の世界。1と2が不安定であっても、3の精神が確立していれば、ある程度のことはクリアーできると言う。これは、先日の 2006年ワールドカップでも見られたように、国の名誉を守る、プライドを守る、家族を守る、そんな思いを強く持ったヨーロッパ勢のプレイが光っていたように、そういう思いは、僕達には想像が付かない力を持つ。

先日私は、スピリチュアルな世界の伝道師:鈴木秀子先生のセミナーに参加した。ずっと気になっていたシスター:鈴木の講演。そこで頂いたテキストに、私は、我々が再確認すべき、大事なメッセージが含まれているように思えたので、この場を持って紹介したいと思う。

「かけがえのない自分」

使徒パウロのコリントの教会への手紙

(皆さん、)あなたがたは、もっと大きな賜物を受けるよう熱心に努めなさい。

 そこで、わたしはあなたがたに最高の道を教えます。たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、愛がなければ、わたしは騒がしいどら、やかましいシンバル。たとえ、預言する賜物を持ち、あらゆる神秘とあらゆる知識に通じていようとも、たとえ、山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも、愛がなければ、無に等しい。全財産を貧しい人々のために使い尽くそうとも、誇ろうとして我が身を死に引き渡そうとも、愛がなければ、わたしに何の益もない。

愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。全てを忍び、全てを信じ、全てを望み、全てに耐える。

愛は決して滅びない。預言は廃れ、異言はやみ、知識は廃れよう、わたしたちの知識は一部分、預言も一部分だから。完全な者が来たときには、部分的なものは廃れよう。幼子だったとき、私は幼子のように話し、幼子のように思い、幼子のように考えていた。成人した今、幼子のことを棄てた。わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。だがそのときには、はっきり知られているようにはっきり知ることになる。それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。

全体を通して感じたのは、「幸せ」は、我々の身近なところに存在するということ。他に懇願したり、現状に不満をもらすのではなく、既にある身の回りの「幸せ」に気づく事が大事であるといっているように思う。

普段一緒に暮らしていると、何気なく感じる近くにいるものの存在。イライラしたり、叱ったりする事があったとしても、我が子が生きている、生きていてくれているという事の幸福感。その「幸せ」はすでに犬は僕らに与えてくれている。

我々人間の欲は、限りない。もっと、もっと!という気持は誰でも持ちうる感覚だろう。しかし、欲するものに対して「中身」が伴わなければ、得られるものは小さい。トレーナーとして常に向上心を持ち、勉学に励むことは必須である。しかし、犬の知識をどれ程持ち合わせていても、相手に対する「想い・気持」がなければ、それはいらないもの。所詮、伝わらないものとなる。独りよがりの、自己満足。犬の経験をし、精通していたとしても、凄いことを言ったとしても、偉いことをしても、本当にそこにいる相手を大切に思えているか?そのジャッジをするのは、まさにごまかしがきかない自分自身なのだ。さらにいえば、誰かのため、動物のためといったボランティア活動も、自分の欲や得の為であるとしたら、それはナンセンスだ。

以前自分はこの仕事一本で活動する前、ブライダルのショーの仕事をしたことがあった。その頃、よく聞いていたのが「愛は忍耐強い・・・」のフレーズだった。今でも暗唱できる。その頃から、ふと不思議に感じていることがあったのだが、聖書等に書かれている文章には「こうしましょう!」といった事は多く書かれていない。「これはしてはいけない」「これもしてはいけない」人としてやってはいけないことが列挙してある。それは、人の喜びの感じ方、価値観というのが、人それぞれだからであろうと思っている。そして、自分がどういう方向に向かっていきたいのか?どういう人になりたいのか?しっかりと「理想」を持つこと、「目指すもの」があることが重要であると言っているように思う。

犬のしつけに対する考え方も同じ事が言えるのではないか?犬と一緒にいて「幸せだ」「楽しい」「嬉しい」と思う瞬間というのは、人それぞれだ。大事なのは、その考え方ではなく、自分自身の「目標設定」と、「最終到達点」のイメージ化なのではないか?それが、犬に対する想い、それが自分自身と周りの人の力になり、理想が見えてくるのだから。

シスターの文章の最後に書かれている部分「それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。」私は、この文章にある「信仰」とは、無の自分で向き合う対象という意味で「犬」ととらえたい。「希望」とは、犬がいる生活において、万人にとって住みよい文化になって欲しいという意味合いから「犬文化」。そして「愛」とは、我々人間の事なのではないか?と思う。自分だけでは生まれ得ない、人とひとがいるから生まれる「愛」。

最後に、今回のテーマを象徴する言葉を記載します。

これからの、私の活動で課題となる言葉。

いい国であるか、否かを評価する

たったひとつのポイントとして

金持ちの国でもなく

軍事力のある国でもなく

そこに・・・ある命が・・・

大切にされているか、どうか・・・

それが基準となるのではないか

(06.10.16.)

2006年
10月11日

35. なろうね

10ヶ月経過した。

物事の考え方は人様々だ。

人は、物事が上手く進まないとき「どうして自分だけうまくいかないのか?」と責めるときがある。こんなに自分は頑張っているのに・・・とか、周りの人は楽してそうなのに・・・とか。今回、クリエイターと共に創作に携わることによって、「物事の流れ」というものを改めて実感することが出来た。それは、「時間」であり「想い」であり、もしかしたらこれは、海と共に生きてきた我々日本人が古くから感じてきたものではないだろうか?

海洋人類学によると、人が「海を見たい」という想いは、海と共に生きてきた島国に住む日本人ならでは感覚なのだという。

夕焼けを見て感動している都会の人は、地元の人から見ると不思議な光景に映る。なぜならば、海の近くに住む人からすると「いつでも見ることが出来る景色」しかし、彼等にとっては「癒し」となる特別な景色なのだ。

石垣に「なろうね」という言葉がある。時代・自然、そういった流れに対して不平不満を言わず、抵抗せず、「そのまま受け入れよう」という言葉だ。

自然は「生活の営み」と同時に「災い」をもたらす。その「現実」と「怖さ」を受け入れて来た島の人々だからこそ、海を見て、自然に手を合わせる。厳しさと同時に、幸せと営みを運んでくれるのが母なる海。「きれいだな・・・」だけの「癒し」とは深みが違う。そんな想いをさす言葉。

先日までの HP は、2003年6月13日にウェブデザイナー DAKE 氏の協力によってデザイン・制作されたものだった。

それまでの個人ページを急遽リーニューあるしなければならない状況に陥った僕は、DAKE 氏に早急の作成をお願いし、DAKE 氏は、自分の犬の仕事に対する「想い」に沿って、形にしてくれた。

自分の犬に対する想い、ドッグトレーニングに対する想いには、今も相違はない。しかし、最近何かが違うと感じるようになった。それは、これまでを否定するものでは全くなく、客観的視点をもとに、時代性を踏まえた表現したいと思うようになったからなのか・・・もちろん、私自身も変わったと思う。

しかし、今の日本の犬文化はさらに凄いスピードで変化し、我々はその先端をいかなければならない。伝えたい想いも増え、その表現方法も豊かになる。

「犬はかわいい」今更、そんな事言われなくても誰もが知っている事実。

私がこの仕事に就いた頃は、「犬のしつけ=訓練」といったイメージを持つ人が多かったようだ。だからこそ、当時少ない犬の雑誌等では、犬の可愛さを誇張するような内容が多かった。そして現在、五軒に一頭の割合で犬が飼われている日本で、「犬がかわいい」なんて、わざわざ自分がいう必要はないだろう。今、自分が伝えるべき事は、犬との暮らしにおけるリアリティーであったり、犬を飼っている人、飼っていない人、それぞれの共存方法の提案であったり、年間数十万等という抹消されている保健所の犬のことであったり・・・その為に、トレーナーとして、どういう意識と立場で活動をしていくか?その方向性と、過程を、より正確に分かりやすくイメージと共に伝えること。

決して華美しすずに、「想い」のままに・・・

10ヶ月かかった。

2005年11月末、New York Vancouverを経て、日本に帰国し、直ぐに取り組んだのが、今の想いを形にすること。だから、この想いを形に出来るデザイナーを捜した。

幸いにも我々のミッションにもある「人とひと」のつながりが、縁を与えてくれた。その人は、VATA氏。某超有名国際リゾートやベネッセ等の仕事を掲げるその人の前で、私は数時間しゃべりまくった。犬に対する想い、仕事に対する想い、そして、DOGSHIP の羅針盤について・・・そして、あれから、10ヶ月たった。なぜ、それほど時間がかかったのか?

最大の理由は、DOGSHIP の舵をとる自分自身にある。10ヶ月前、出てこなかった様々な想いが、今、確かにここにある。長期海外滞在期間中は、自分一人戦ってきた。異文化、偏見、対 FIDOとの葛藤・・・しかし、帰国して、DOGSHIP に乗船して下さっている方の声が間近に聞ける、Crewと身近にいられる、身近に仲間がいる・・・そうすると、日々、体の内から様々な想いがどんどん溢れてくる。それをイメージ化するのに、10ヶ月かかったのだ。最終帰国して直ぐにはなかった想い。それを、自分と DOGSHIP に関わる「人とひと」が気づかせてくれ、教えてくれた。僕にとって、この10ヶ月はなくてはならなかったものなのだ。

実は、このNew web をアップするに当たって、すでに私の中では次の羅針盤が、さらに浮かんで来ている。

そこに向けて、今から進んでいく。毎月の航海予定を基盤に・・・

文頭にあったような、時の流れを考えさせられる「なろうね」という感覚は、意味が深く、我々人間にとって大事な感覚に思える。「全てを受け入れる」今回僕は、そんな「なろうね」という言葉を根底に Web のリニューアルに努めてきたように思う。

10ヶ月という月日は僕にとっても長かった。周囲にとってはさらに長く感じられたと思う。でも僕はこれからも、その感覚をこれからも大事に育んでいきたい。時間や考えにだけ固執せずに、流れを受け入れる・・・「なろうね」

今回、多くの方のご協力とご賛同を頂きましたことを、ここに感謝致します。

Special thanks!

VATA ・KAI KIUCHI・CALPIS・NORI・CAHIER・YUKIHISA・NORI ・YOBIN

(06.10.11.)

2006年
10月10日

34. 父親

私が目指す理想の男性像は「父親」である。

父の周りには、いつも人が集まる。集合写真を撮るときも、いつも彼は真ん中。飲み会に呼ばれても、乾杯の音頭をとるのは彼。スポーツ万能な彼は、地域のスポーツ競技会があると、いろんなチームから引っ張りだこだ。そして、最終的には、MVP をゲット。未だにジーンズをはきこなし、スーツ姿は、まさに往年の石原裕次郎のようだ。

その魅力は一体何なのか?

私は、小さい頃から「勉強をしなさい」と言われたことが一回もなかった。逆に「少しは休め」と言われるほどだった。

今思うと、それは、私の性格を踏まえた父親の配慮だったように思える。

一見、人前では一人目立ってしまっている父親。だが、実は、もの凄く周りに配慮をしているのではないか?と最近思うようになった。周囲の人を「気遣う」。そんな自然な配慮が、周りも心地良い。もしかしたら、女性が勘違いしてしまうのでは?と思うこともあるが、それを知ってか?知らぬか?父親の周りには、男女を問わず人が集まってくる。

過度な気遣いは、相手に不快感を与える。そして、自分のストレスにもなりうる。しかし、気を遣っていない「思いやり」は、相手にとって心地良い。これは、私が目指す「犬を飼っている人と飼っていない人との共存」のイメージに近い。

どうやったら、可能になるのか?

婚前、父は母とこんな約束をしたという。「どんな事があっても、冷蔵庫の中身は一杯にしておこう。そして、何があっても、子供達には何不自由なく思いっきり食べさせてあげよう」と。冷蔵庫というのは、食材で一杯にしておくのが良い。食材で満たされていたら、人の心は必然的に穏やかになり、人に優しくできるから・・・と、僕が成人を迎えた頃、そんな話を聞かせてもらった覚えがある。そして今、私はこんなに大きくなった。187.5cm。「大」という名前の通り、大きくなった。

自分の喜びにプライオリティーをおいたときの、喜びの大きさと、それを他の誰か仲間と共感出来たときとでは、価値の深みが違う。それは、人が一人では生きていけない、人に助けられて生きている証だと思う。

だから、「常に周りに感謝の気持を持ちなさい」と小さい頃から言われた。自分の周りの人のことを大事に出来るか否か?で、自分の喜びがどれほどになりうるか?が決まると。

完璧な人はいない。自分のことをさしおいて、人のことを最優先に考えるなんて、簡単ではない。しかし、周囲への配慮を前提に、自分の事を大事にすることが出来れば、到達点と、そこから得られる充実感は意味合い深いものになる。

確かに、父親は、車を運転していて赤信号でも突き進み「今の信号赤だったよ」という指摘に対し「オレはいいんだ」と言い切る事が出来る。ケガをすると「これはオレ独特の痛みだ」と誇示する。

しかし、「九州の女性は男性を立てる」といわれるように、実際手のひらの上で転がされているのは父の方である。女性は、そんな男性を汲んだ上で、全ての舵を取る。父親の言い分はこうだ。「母の舵取りも全て想定内だ」。

九州のそんな夫婦関係に、私は DOGSHIP の羅針盤を照らし合わせる。DOGSHIP に関わる方々、犬のことに関わる人々、多くの人が、これからの「犬との暮らし」を愉しめるように、自分に何が出来るか?考える。

父は、きなこ餅であれば、大きいサイズの餅を6個食べる。アイスクリームは2本以上。トーストは4枚以上。少しだったら、食べない方がましだと豪語する。「ご飯を半分残すような、中途半端で、身勝手で、人の気持ちも分からないような事はするな!」これは、小さい頃から父親が自分に与えてくれたメッセージの一つだと思う。「何事も思いっきり行け!」と(多分)。

幸いにも、父親はまだ生きている。

大病を抱えているが、生きている。

父親に今度会ったとき、胸を張って自分の活動について語ることが出来るよう、今日も信念という羅針盤を胸に航海を続けていこう。自分も周りも心地良い寄港先を目指して・・・そして、報告したい。

私の周りには、かけがえのない沢山の仲間がいる、ということを。

※ DOGSHIP のミッション「人とひとをつなぐ 見えないこだわりと思いやり」は、父親の直筆です。

※ 2010年10月20日 父は享年63歳で旅立ちました。温かいお言葉をいただきありがとうございました。

(2006.10.10)