Dogship web site 「犬をしつける」ドッグトレーニングから、 「犬から学ぶ」ヒューマン・ドッグトレーニングへ。

2005年 11月

2005年
11月15日

30.犬の個性

自分の犬の事をどれほど理解し、観察出来ているだろうか?

一般に、犬をみるとき(判断するとき)は、まずその犬の所属するグループと、その犬種を基準に判断する。例えば、牧羊犬は体力・洞察力ともに、常に優れており、そのエネルギーを発散させるためには、飼い主もかなりの運動量が必要だ。一方、愛玩犬にくくられている犬種は「つい抱きたくなる」かわいさを持ち合わせている。

「何かしてあげたい!」と思わせる魅惑がある。そのかわいさとの戦いも楽しみのひとつ。

Read More →

2005年
11月07日

29.ジョアン・クラッチャ

数年ぶりに再会した K9 kinship オーナー Joan klucha(ジョアン・クラッチャ)。彼女の笑顔は相変わらず素敵だった。今回の再会までの軌跡は、容易ではなかった。

当時、Vancouver にあるトレーナー養成学校に通い始めていた私は、犬のトレーニングそのものに疑問を感じていた。最近では日本でも「褒める」トレーニングが主流になりつつあるが、最初に入校した学校では、チョークチェーンと呼ばれる器具を主に使用し、いわゆる陰性強化といわれるトレーニングを行っていた。

Read More →

2005年
11月01日

28.SPCAから学んだこと(2)

犬嫌いの人に出会った。

この仕事をしていると、犬好きの人と出会う機会が多い。最近犬嫌いの人と話がしたかったので、興味深く話を聞いてみると、犬嫌いになったのは、子供の頃に学校で飼っていたウサギが犬に殺され、その姿が当時の彼女にとっては、余りにも無惨だったかららしい。そして、その犬は飼い主と思われる人と一緒だったという。それ以来、彼女は、その「思い出」のせいで、犬を避け、肉という肉を食べられなくなってしまった。

Read More →